先輩医療人の声

  1. トップページ
  2. 先輩医療人の声

さまざまなフィールドで活躍する先輩医療人の声をご紹介します

治療院はもちろん、スポーツ分野、社会福祉分野、美容分野、さまざまなフィールドで横浜医療の卒業生が医療人として活躍しています。
先輩たちの働く姿からジブンの未来を想像してください。

鍼灸師科 平成28年卒(9期生)

患者さんの気持ちに寄り添う治療家になりたい。

椎野 雅子さん

横浜医療専門学校附属接骨鍼灸院

先輩医療人からのメッセージ

臨床経験を積んで…
現在、横浜医療専門学校の附属接骨鍼灸院で1年間の研修生として、治療・受付・会計・業務補助を学んでいます。通いなれた場所で臨床経験を積んで、将来は患者さんの気持ちに寄り添って、どんなケガや病気の不安などの相談に応じて、分かりやすく説明して安心して治療を受けて頂けるような、トータルでサポートができる治療家になりたいと思っています。
東洋医学への興味がきっかけ
医療の分野に進もうと思ったきっかけは、自身の身体の不調時に東洋医学に興味を持ったこと、そして将来長く続けられる仕事を探していたことが理由です。
卒業後も相談できることがプラスに
横浜医療はいろんな年齢層の方とクラスメイトとして学ぶことができます。先生方との距離も近いので、先輩や先生方に卒業後も相談できることが大きなプラスになっています。ここで学んだ『患者さんの不安を減らすには』『患者さんが治療に前向きになるには』ということをいつも頭に置いて、求められる医療人を目指します。

柔道整復師科 平成27年卒(8期生)

患者さんの手助けが出来た時、喜びを感じる。

高橋 厳一さん

湘南ベルマーレ 平塚コンディショニングセンター

先輩医療人からのメッセージ

怪我の期間も有意義に過ごせるよう貢献したい
以前サッカーのコーチをしていた時、怪我をした生徒が復帰するまでを効率よくサポートしてくれる所が身近にない現状を知り、怪我の期間も有意義に過ごせるように貢献したいと考え医療人を目指しました。
スポーツ障害・運動痛の改善を
現在は、湘南ベルマーレ平塚コンディショニングセンターで、スポーツ障害や治りにくい運動痛の改善。疾患の状態を正しく判断して病院での診断の必要性などを患者さんに伝えること、その後の治癒へのプランニングを行なっています。
70歳を超えても続けたい!
症状に対する正確な判断をすることにはプレッシャーを感じます。それでも、諦めていた痛みや運動障害を克服する手助けが出来たときの大きな喜びに代えることは出来ません。私が医療人を目指したのは30歳の頃でした。今後は独立開業して70歳を超えてもこの仕事を続けたいと思っています。

鍼灸師科 平成28年卒(9期生)

訪問治療では、その場の治療環境づくりが大切。

加藤 かすみさん

利他の株式会社 訪問マッサージ こころ横浜中央鍼灸治療院

先輩医療人からのメッセージ

治療時の体勢にも工夫が必要
私は今、患者さんのご自宅や施設に伺って、鍼灸治療を行なっています。訪問治療の難しさは、やはり環境面ですね。治療院のような整った設備がある訳では無いですし、多くの患者さんは自由に動けないので、施術時の体勢を工夫するなど、その場で治療しやすい環境を作ることも必要です。
喜んで頂けることが、嬉しい
高齢の患者さんはすぐに治療効果がでる訳ではありません。じっくりと治療をさせていただくために、患者さんと信頼関係を築くことも大切なことです。それだけに患者さんから『楽になった』『痛みが少なくなった』と喜んでいただけると、私も嬉しくなります。
今も、クラスメイトとは!
私は午前部だったので、お昼ご飯を一緒に食べにいったり買物をしたりしていましたね。テスト前は友達と授業後に残って勉強をしました。今も仕事のことで、お互いに相談したりしています。授業で学んだことが実際の治療に役立っています。皆さんも学生の間に沢山のことを身に付けてください。

柔道整復師科 平成21年卒(2期生)

学生時代に学んだことが、施術に役立っている。

戸村 沙希さん

戸村整骨院 院長

先輩医療人からのメッセージ

父、兄の影響で柔道整復師を志す
柔道整復師を志したのは高校生の頃で、理由は、父・兄が共に柔整師で、身近にその仕事を見ていたことと、自分自身も手に職を付けたいと思っていたからです。
どんな施術をするか、悩むことも
現在は、柔道整復師として整骨院を開業しています。通院されている患者さんをいかに短期間で治癒させるか、痛みを早くとるか、そのためにはどのような施術を行なうか、悩むことも多くありますが、症状が改善された患者さんに「ありがとう」と言われたとき本当にやりがいを感じます。毎日の患者さんとのおしゃべりも楽しみの一つですね。
色々な年齢の方と共に学ぶことも勉強
横浜医療で色々な年齢の方と机をならべ勉強したことが社会学習にもなっていたと思います。今になって、学生時代に学んだことが施術に役立っていると実感しています。習うことは専門的で難しいことも多いので、イヤになってしまうことがあるかもしれませんが、医療人を目指すなら、無駄なことは一つもありません。横浜医療で色々なことを沢山吸収してください。

鍼灸師科 平成21年卒(2期生)

鍼灸師の資格も取得して開業を目指しています。

布利幡 裕基さん

さがみ野鍼灸整骨院

先輩医療人からのメッセージ

働きながら鍼灸師資格に挑戦
平成21年に柔整師の資格を取得して、整骨院で患者さんに矯正治療・電気治療・マッサージの施術を行っています。現在は働きながら、横浜医療の鍼灸科夜間部で鍼灸師の資格を目指して学んでいます。
同じ目標を持った仲間が励み
横浜医療の先生方はとても優しく丁寧に説明してくださるので、解らないことは何度も聞きに行きました。国家試験は簡単ではないですが同じ目標を持った仲間がいるので励みになります。
感謝の言葉を頂くことが励みになる
毎日、沢山の人と接することが出来る仕事なので、それだけでも勉強になっています。さらに患者さんから「治ったよ」「ありがとう」といった言葉を頂いた時には、この仕事を選んで良かったと感じますね。鍼灸の資格取得後は開業して、多くの方の力になりたいと思っています。資格取得の国家試験は簡単では無いけれど、横浜医療で学べば自信を持って挑戦できるはずです。判らないことは何度でも聞いて、資格取得を目指してください。

柔道整復師科 平成24年卒(5期生)

柔道整復師の知名度を上げ、活躍の場を拡げたい。

斉藤 恵理子さん

横浜市立大学大学院 生命医科学研究科 生体機能医科学研究室 技術員/医療法人 東整形外科クリニック

先輩医療人からのメッセージ

多岐にわたるクリニックの仕事、さらに…
クリニックでの仕事は多岐にわたります。患者さんへの対応や問診といった診療補助、レントゲン撮影のセッティング、運動療法、ギプスやシーネによる固定、脱臼の整復を行なう事もあります。整形外科の勤務とは別に生命医科学系の研究所で技術員として脳神経系の実験もしています。
学生時代の悔しさがきっかけ
私は学生時代に怪我で競技が出来ずに悔しい思いをしました。そのことがあって、怪我をしない身体づくりや怪我をした後を支えられるようになりたいと思い横浜医療へ進学しました。
患者さんが求める治療はさまざま
患者さんが治療に求めている事は十人十色です。患者さんそれぞれの気持ちに寄り添い、ベストな治療を考えなければいけないと思っています。今後はもっと柔道整復師という資格の知名度を上げ活躍の場を拡げていきたいですね。