在校生VOICE

  1. トップページ
  2. キャンパスライフ
  3. 在校生VOICE

夢に向かって前進中の先輩たちをご紹介します

現在、通学中の先輩たちに横浜医療にまつわるアレコレを聞いてみました。
授業のこと、ゼミのこと、資格取得に向けた話も。新しいスタートのヒントが見つかるはずです。

鍼灸師科 昼間部2年生

先生との距離が近く何でも聞ける。

渡辺 太一さん

相洋高等学校卒業

先輩からのメッセージ

授業は試験の為でなく、患者さんの為
横浜医療を選んだ理由は、まず横浜駅から近いということ、鍼灸科は午前のみ柔整科は午後のみ、というところが集中できそうで良いなと思ったからです。それから、先生と生徒の距離が近くて、何でも聞けて頼ることができるところが良いですね。好きな授業は、解剖学では体の仕組みの専門知識を得ることができるところ、柔整理論は骨折の治し方や処置を学べるところです。授業は試験の為でなく患者さんの為と思って勉強しています。
開業権があるところも魅力
医療に興味を持ったのは高校2年生の時に自分がケガをしたのがきっかけです。学生時代ケガが多く完治せず、今でも痛みを感じる事があります。自分と同じ思いをしてほしくないと思い資格を持ったトレーナーを目指しています。柔整師なら応急手当として骨折、脱臼の整復が行なえますし、鍼灸は柔整の手技だけでは治すことの出来ないものも柔整と併用して治療できるからです。また資格をとれば開業できるというところも魅力です。

柔道整復師科 昼間部2年生

外部との連携が強く、将来に活かせる。

𠮷田 さくらさん

神奈川県立霞ヶ丘高等学校卒業

先輩からのメッセージ

精神面もケアしてくれた先生との出会い
私が医療分野、柔道整復師に興味を持ったきっかけは、高校の頃に部活動でケガをして通っていた接骨院にあります。その接骨院の先生にはケガの治療だけでなく、不安になったり、落ち込みそうになったりする精神面もケアしていただきました。入学後に実習で行った整骨院でも影響を受けた出会いがありました。女性の院長先生で患者さんからの信頼が厚く、女性の方も通院しやすいのが感じられました。私の目標と言えますね。
国家試験一発合格!
横浜医療の良いトコは色々あるんですけど、まずアクセスが良いから時間の無駄がないこと。授業も短く濃くなので、バイトをしながらでも無理せず通えるところ。あと外部との連携が強いので、実習や就職に強いところ。好きな授業は実技です。テーピングをするだけで動かしやすくなったり、そんなことを実感しながらできるところが楽しい。提携しているベルマーレのトレーナーゼミも楽しかったです。国試一発合格を目指し毎日復習だ!

鍼灸師科 昼間部2年生

多くの知識を持った信頼される医療人を目指す。

関 優美子さん

とわの森三愛高等学校卒業

先輩からのメッセージ

まず、しっかりと基礎を身につけたい
高校生のとき、自分自身がスポーツをしていてケガが多かったことと、兄が柔整師を目指して横浜医療に通っていたことが医療に興味を持つきっかけになりました。兄が柔整師の資格を取ったので、将来開業することを考えて鍼灸師になることを考えました。国家試験に合格することはもちろんですが、資格取得後に現場で使える多くの知識を得るように、この3年間で基礎をしっかりと身に付けていきたいと思っています。
自分の時間が十分に取れるので毎日充実
横浜医療で最初に印象に残ったのは、新入生歓迎会や球技大会など色々なイベントがあるので交流できて良いなと思ったことです。実技の授業では生徒同士でお互いに鍼を打てるので、実際に反応を見ることができ、技術向上に繋がるところが気に入っています。進路はまだハッキリと決めていませんがゼミなどに積極的に参加して学びながら見つけたいと思います。横浜医療は自分の時間も十分に取れるので充実した毎日を過ごせますよ。

柔道整復師科 昼間部2年生

子供からお年寄りまで頼ってもらえる医療人に。

佐藤 ちひろさん

神奈川県立高浜高等学校卒業

先輩からのメッセージ

プロスポーツチームの現場に触れられる
新体操を小さい頃から習っていて、高校の時ケガをして整骨院で治療を受けたのが医療に興味を持ったきっかけです。柔整師を選んだのは、多くのスポーツトレーナーが資格をもっていて身体(骨・筋肉)のプロフェッショナルなイメージだったので、勉強してみたいと思いました。横浜医療は湘南ベルマーレやDeNAベイスターズといったプロスポーツチームと提携があるのでトレーナーの現場に触れられると思い決めました。
私もみんなの支えになれたらと思います
将来は、スポーツトレーナーの道も考えているのですが1番は整骨院での勤務です。地域に密着して、スポーツをする小さい子供からお年寄りまで幅広い方に頼っていただけるようになるのが夢です。自分が地域の整骨院に助けられたので、私もみんなの支えになりたいと思います。初めは不安だらけだと思いますがこの学校に入って後悔は絶対ないと思います。勉強は大変ですが先生は優しくおもしろい人が多いので学校生活は楽しいですよ。

鍼灸師科 昼間部2年生

永遠のテーマ「美」の手助けをしたい。

冨田 若菜さん

神奈川県立瀬谷西高等学校卒業

先輩からのメッセージ

ゼミに積極的に参加したい
私は祖父が亡くなったことをきっかけに人の手助けができる医療分野に興味をもちました。そのころ高校時代の担任の先生から鍼灸の存在を教えていただき、その中でも特に美容鍼灸に興味をもちました。女性の永遠のテーマである「美」の手助けをしたく、美容分野で活躍したいと思いました。横浜医療には授業だけでは学びきれない技術や知識を得ることが出来るゼミがあるので、美容鍼灸ゼミを始めに積極的に参加したいと思っています。
感謝されながら練習できるのが良い
医療分野の授業が多いため、様々な知識がつき医療系のドラマを面白く感じ、見るようになりました(笑)。あとマッサージの授業もあるので家族や友人が疲れているときにしてあげるのですが、感謝されながら練習できるのがとても良いと思いました(笑)。実技の授業は簡単ではなく練習を繰り返さないと上達しないのですが、クラスメイトや先生に誉められたりすると、もっと上手くなりたい!と毎回はりきって取りくんでいます。

柔道整復師科 昼間部2年生

ケガで不安になっている子供達を助けたい。

大久保 聖矢さん

神奈川県立厚木北高等学校卒業

先輩からのメッセージ

最寄駅から本当に近い
小学校の頃から、サッカーを12年間やっています。中学、高校の頃はケガをする事が多くて、整骨院に通う日々でした。そんな時に自分もスポーツをしている子のケガで不安な気持ちを助けてあげたいと思いこの道に興味を持ちました。横浜医療はお世話になっていた整骨院の先生の母校であり、その先生に進められたことが進学の決め手でした。通学には横浜駅と東神奈川駅の2つの最寄駅があって何より駅から本当に近いことも嬉しい!
自分の未来図を描いておくことが大切
将来は、整骨院で働き、最終的には院を立ち上げたいと思っています。そのために、しっかりとした知識を学んで、絶対に資格取得して信頼される柔整師になります。授業では、やっぱり柔整実技の授業が好きですね。包帯や触診は難しいのですが、その分できた時や分かった時に達成感を感じられるからです。横浜医療に進学を考えている皆さんには、なりたい自分の未来図を描いておくことをお勧めします。学校生活のプラスになりますよ。

鍼灸師科 昼間部2年生

先生方がプライベートでも相談に乗ってくれる。

塚越 俊太さん

山梨県立山梨高等学校卒業

先輩からのメッセージ

多くの路線のターミナル駅が近く便利
医療の分野に最初に興味を持ったのは、高校2年の頃でした。祖母や高齢者の方に接しているうちに、何かの形で役に立ちたいと思い始め、医療の道を目指すことにしました。最初は指圧に興味を持っていたのですが、より多くの症状に対応できると思い鍼灸師になることを目標にしました。横浜医療はとてもアクセスが良くて、多くの路線のターミナル駅から近いので、通学にも遊びに行くにもとても便利です。
地元で治療院を開業したい
将来は地元で治療院を開業して、地域の人に貢献したいと思っています。勉強量は多いけれど、先生方は皆優しくて、丁寧に教えてくださるので毎日の積み重ねを大事にして勉強しています。授業の疑問点はもちろん、プライベートなことも相談に乗っていただいています。授業では解剖学、生理学の授業が好きです。ゼミでは中医学に参加しましたが面白かったです。横浜医療は、医療に興味のある方には最高の環境です!

柔道整復師科 昼間部2年生

勉強した分だけ結果が返ってくるのが面白い。

牧野 有作さん

日出学園高等学校卒業

先輩からのメッセージ

患者さんを思いながら学んでいます
柔道整復師を目指したきっかけは、高校の時椎間板ヘルニアになったこと、その時柔整師の先生にお世話になったことです。柔整師は保険治療ができるところ、そして独立開業がその資格でできることに引かれました。授業で習う内容に対しては、臨床現場の患者さんのことを思うようにして受けています。内容を100%理解できていないと紙の上だけになってしまう。そうならないように日々努力を重ねていこうと思っています。
勉強量は考えていたより多かった(笑)
横浜医療の特徴は先生と生徒の距離が近いことです。入学後に感じたことは、入学前に想像していた勉強量をはるかに越えていたこと(笑)。学ぶ内容は高校までとは異なる専門分野です。解剖学、生理学、柔道整復理論はスタートラインが同じなので勉強した分だけ結果が試験で返ってくるので面白いです。自分がなぜ入学したいのか、なぜ医療を目指しているのか、もう一度思い返して入学後の目標にしてほしいと思います。

柔道整復師科 昼間部2年生

院長目指して頑張ります!

藤白 ふうこさん

神奈川県立瀬谷西高等学校卒業

先輩からのメッセージ

尊敬する父と同じ医療を目指す
初めて医療に興味を持ったのは小学3年生でした。その後、ブライダルに興味を持ったことがあったのですが、自分の進路を考え直したとき、やはり医療がいいと思いました。理由は父が柔道整復師だからです。父は憧れであり、尊敬する先輩です。いつか父と一緒に仕事ができればいいな・・と考えています。更に将来は、自分が医院長として整骨院を開業したいと思います。父を越えるような柔整師を目指したいですね。
先生方がとても優しくおもしろい!
横浜医療を選んだ理由のひとつは、父の通っていた学校の姉妹校だったこと。あと学校見学をしたときに先生方がとても優しくおもしろくて、雰囲気が良かったことです。設備もきれいでいいなと思いました。学校の帰りに買物とか遊びやすいところもポイントです。好きな授業は実技の授業ですね。座っているより身体を動かすのが好きなので、毎週の実技は楽しみにしています。勉強は難しいけど一発合格を目指して頑張ります。

柔道整復師科 昼間部2年生

誰よりも上手に巻けるようになりたい。

宇野 慶さん

青森県立黒石商業高等学校卒業

先輩からのメッセージ

部活でのケガが興味のきっかけ
私が医療の分野に興味を持ったのは22歳のころです。高校時代の部活動でケガが多く接骨院にお世話になった記憶から、柔道整復師を志しました。働きながら学びたかったので夜間部に進学。横浜医療はJR、私鉄、バスのアクセスが良いので便利です。授業は知らないことばかりで戸惑うこともありますが、毎日教科書を読む(予習)、聞いたことを再確認する(復習)を徹底するだけで勉強が楽しくなりました。
明確な将来像を持って毎日過ごす
今は「資格を取得して、なるべく早く開業する」という目標に向かってガムシャラに学んでいます。実技も誰より上手に巻けるようになりたいと思っています(笑)。地域のスポーツに貢献できるような治療院を開業するのが目標。子供から高齢者まで幅広い年代の方が通いやすい環境で、部活動やスポーツをしている人のトレーナー的な活動もできる柔整師を目指しています。医療に興味がある方は、横浜医療で一歩を踏み出してください。

柔道整復師科 昼間部2年生

色々な刺激を受けながら勉強できる。

辻󠄀 早苗さん

横浜国際女学園高等学校卒業

先輩からのメッセージ

神奈川県内唯一の夜間部だから
働きながら学校に通いたいと思っていたので、神奈川県内で唯一夜間部がある横浜医療に興味を持ちました。その学校見学に参加して直感でここがいいと思いました。他の学校にも見学に行きましたが、先生と生徒の距離が近くアットホームな雰囲気が自分に合っていると感じたからです。それと年齢層も幅広く、職種も様々なので周りから刺激を受けながら勉強できる点です。立地も良いので通いやすいところも気に入っています。
医療の中でも幅広く活躍できる資格
母が介護福祉士をしていて仕事の話を聞いていて、すごく大変そうだけど活き活きしている母をみて医療分野に興味を持つようになりました。柔道整復師を選んだ理由はWHOにも認められている資格で医療の中でも整骨院や介護など幅広く活躍できる資格だからです。将来については正直まだ決まっていません。整骨院で働くか、介護の現場で働くか…柔整師の女性の割合は少ないので、女性目線で活躍していければと思っています。

鍼灸師科 昼間部3年生

訪問治療で多くの人を助けたい。

熊倉 杏奈さん

日本体育大学荏原高等学校卒業

先輩からのメッセージ

先生と生徒の距離が近く感じた
高校の時に鍼灸の話を聞く機会があり『私にもできるかも』と軽い気持ちで興味を持ちました。看護師なども考えていましたが、自分で治療方針を考え自分で治療して症状を直していくことができる鍼灸師に魅力を感じました。横浜医療はアクセスの良さもポイントです(私の場合は乗り換えなし)。オープンキャンパスに参加した時に先生と生徒の距離が近く感じて、ここなら楽しく勉強できそうだなと思い進学を決めました。
授業後も丁寧に教えてもらえる
資格取得後は、まず治療院でしっかりと経験を積み、デイサービスのように在宅訪問をしたいと思っています。治療院に通えない方のために訪問治療で少しでも症状を軽くすることができたらいいなと考えています。医療系の学校なので覚えなければいけないことが多く大変なのですが、先生方は親切なので授業後でも、丁寧に指導してもらっています。もし、勉強のことで進学を悩んでいる方も聞く勇気があれば心配しないで大丈夫です。

鍼灸師科 昼間部2年生

やればやるほど面白く奥深い分野です。

小川 史鈴さん

神奈川県立鶴嶺高等学校卒業

先輩からのメッセージ

「人を助ける仕事をしたい」その夢に向かって邁進中
小さい頃から、将来は人を助ける仕事をしたいと思っていて、医療という道を選びました。その中でも東洋医学に惹かれて、鍼灸師を目指しています。
オープンキャンパスがきっかけでした
オープンキャンパスに参加した時、生徒同士・先生と生徒が本当に仲良くて、明るく楽しい雰囲気が感じられ「ココなら楽しく学べそう」と思いました。
資格習得は医療人にとっての通過点
鍼灸師の資格習得は、医療の分野に関わっていく為の通過点に過ぎないと思っています。多くの人に信頼される鍼灸師になれるように、ずっと先を見据え気を引き締めて頑張りたいです。鍼灸は一般的には、まだ馴染みが薄いかもしれません。でも、やればやるほど面白く奥深い分野だと感じています。面白くて暖かい先生がいる横浜医療で是非一緒に学びましょう。

柔道整復師科 昼間部2年生

ケガを診てくれた先生の影響で柔道整復師を目指しています。

諸星 祐希さん

神奈川県立二宮高等学校卒業

先輩からのメッセージ

治療院をしながらスポーツトレーナーも
高校生の時、ケガを診てくれた先生が柔道整復師の方で治療が丁寧で、ケガの予防の話やその後のリハビリテーションのことも親切に説明してもらったので、不安を感じること無く通院できました。その先生のようになりたいと思い柔道整復師を目指しています。将来は誰からも頼られる修道整復師として治療院を開業したいと思っています。また、同時にスポーツトレーナーとしても活躍できればと考えています。
色々な相談にちゃんと向き合ってくれる
横浜医療の先生方は本当に良い先生ばかりです。学校の授業のことだけでなく、プライベートな事など、どんな相談事にも、ちゃんと向き合って真剣に聞いてくれるので、色々お世話になっています。授業では柔整理論の授業が好きですね。将来はスポーツトレーナーの仕事もしたいので、プロのトレーナーの仕事を現場で見ることが出来る、「湘南ベルマーレ」や「横浜DeNAベイスターズ」の特別講義も楽しみです。

鍼灸師科 夜間部2年生

柔整・鍼灸資格を取得して、スポーツトレーナーを目指しています。

大城 直之さん

平成28年度本校柔道整復師科昼間部卒業

先輩からのメッセージ

柔道整復師の資格取得後、夜間部で鍼灸を学ぶ
柔道整復師・はり師・きゅう師の資格があるとスポーツトレーナーを目指しやすいと知って資格取得を考えました。柔整師の資格取得後、特待生制度という医療系資格習得者への優待制度を利用して、働きながら、慣れ親しんだ横浜医療で鍼灸師資格に挑戦中です。
大好きなスポーツを支える仕事
スポーツトレーナーという自分の目標に、少しずつでも近づいていこうと思っています。勉強は大変ですが同じ志の仲間がいるので心強く感じています。まずは2年後に今の仲間達と鍼灸師資格の一発合格を目指します。

柔道整復師科 昼間部2年生

実技の指導が細かく丁寧、だからわかりやすくて楽しい。

岩濱 康太さん

平和島整形外科勤務

先輩からのメッセージ

プロスポーツを支える現場を体感できる魅力
部活で怪我をした時、整骨院の先生に治療をしてもらい、すごく助けられたので自分も柔整師になりたいと思いました。「横浜DeNAベイスターズ」や「湘南ベルマーレ」と業務提携しているので、プロのトレーナーの仕事を実際に見学できるのも大きな魅力です。
座学で習ったことを解剖学見学実習で貴重な実体験
仕事をしながら、国家試験を取りたいと思ったので柔道整復師科夜間部で学ぶことを決めました。アクセスが良いので、通いやすいところも助かります。将来は、整骨院や整形外科でたくさんの患者さんを笑顔にできる立派な治療家になりたいと思います。横浜医療の指導は、細かく丁寧なので、包帯やテーピングの実技指導が楽しいです。神奈川歯科大学での解剖学見学実習も貴重な体験で勉強になりました。