スポーツトレーナーへの道

  1. トップページ
  2. スポーツトレーナーへの道

現場で必要とされる国家資格を持ったスポーツトレーナーへ

アスリートが常にベストな状態で競技できるように健康管理、トレーニングメニュー、ケガの予防・応急処置、コンディショニングなど、アスリ ートを多岐に渉ってサポートするのがスポーツトレーナーの仕事です。

スポーツトレーナーは大きく分けて2分野

テーピング

メディカルトレーナー/アスレティックトレーナー

テーピング・アイシング・スポーツマッサージなどケガの予防・治療を担当します。また故障した選手のリハビリテーションのサポートも重要な仕事です。

フィジカルトレーニング

フィジカルトレーナー

コンディション向上のためのトレーニングプログラムの作成やウォーミングアップの指導等を担当。筋力・瞬発力・持久力の強化といった身体能力向上にも関与します。

鍼灸師・柔道整復師の国家資格者がスポーツの現場で求められる理由!

日本では法律で「人の体に触れて医療行為を行うには、医療系の国家資格を保有する者に限る」と定められています。もしアスリートがケガをしている状況でも医療系の国家資格を持ってなければ身体に触れることができません。

プロスポーツ団体と連携

横浜医療では「横浜DeNAベイスターズ」「湘南ベルマーレ」と連携し特別講習会を実施しています。

プロスポーツの現場を体感