ご挨拶

  1. トップページ
  2. 学校案内
  3. ご挨拶

校長メッセージ

国家試験だけでなく、医療現場まで見据えた教育を

横浜医療専門学校は「平成の医療人」の育成・輩出を目的とした、鍼灸師・柔道整復師の教育機関として歩んできました。

鍼灸師・柔道整復師は、どちらも国家資格の取得が不可欠ですが、本校は資格取得だけを目的・目標とした指導を行っているわけではありません。私たちがこだわるのは、資格取得の先にある実際の医療現場です。ここに貢献できる知識と技術を備えた医療人を育てたいと考えているのです。医療に関わる多くの方は、自身の完成度を高めるためにたゆまず努力を続けられています。完成度や成熟度を問うのではなく、完成・成熟を目指し努力を続けることが大切なのです。資格習得後も専門者として、医療者として、社会人としての成熟を目指してください。

皆さんは、これから様々な場面で様々な出会いを経験されるでしょう。それらを通じて自らの見識や人生を磨いてください。医療は生涯学習です。そのスタートとして本校で存分に学び、世の中に貢献できる「平成の医療人」として羽ばたいていただきたいと思います。

学校法人 平成医療学園
横浜医療専門学校
校長冨田 幸博

冨田 幸博
冨田 幸博

理事長メッセージ

知と技と人間性を備えた、平成の医療人を育成

柔道整復師や鍼灸師による伝統医療は、これまで多くの方に親しまれ、また活用されてまいりました。近年ではWHO(世界保健機関)でその効用が認められるなど、西洋医学を補完するものとして期待が高まっております。

従来の医療では「いかに疾病を癒すか」に主眼を置いていましたが、今後は「いかに健康を維持するか」「いかに疾病を防ぐか」という点に注目が集まっていくものと推測されます。それにともない、柔道整復師や鍼灸師も、医療という枠を超えた多彩な分野で必要性が高まるものと考えております。たとえばスポーツや福祉などは、その代表的な分野と言うことができるでしょう。

横浜医療専門学校では、開校以来「平成の医療人」育成に取り組んでおりますが、これは医療人の知識と技術に加え、優れた人間性をも備えた新時代の業界リーダーになりうる人材を指しています。みなさんも平成の医療人としての誇りを胸に、それぞれの夢に向かって医療の道を進んでいただきたいと思います。

学校法人 平成医療学園理事長岸野 雅方

全国柔整鍼灸協同組合 理事長

学校法人 札幌青葉学園 理事長

鍼灸マッサージ師等国民年金基金 理事

岸野 雅方
岸野 雅方