建学の理念/教育目標/
3つの方針(ポリシー)

  1. トップページ
  2. 建学の理念/教育目標/3つの方針(ポリシー)

横浜医療専門学校 建学の理念

「平成医療学園 建学の精神」に則り、本校では、「人間の尊厳・生命や社会の原理に関して深く理解し、他者を尊重できる品格と裁智を持って、積極的に臨床教育・臨床研究活動に取り組むことが人材」を育成する。
最終的に試験合格をゴールとせず、卒後も継続して学び、将来国際社会で活躍できる「成熟した人材」の育成を目指す。

教育目標

豊かな人間性を獲得するために、分野を超えた幅広い教養、高い倫理観、コミュニケーション能力、理論的思考力、臨床教育・臨床研究・国際貢献を実践できる能力を持った医療専門職・国際的人材の育成を目指す。

  1. 幅広く深い教養と豊かな人間性を身につけるため、基礎教養教育を行う。
  2. 医療専門職として必要不可欠な基礎・臨床医学の知識を修得するための専門基礎教育を行う。
  3. 専門分野についての理解を深めるとともに、医療現場での実践能力を鍛え、さらに、科学的視点に基づいた臨床研究を遂行できる素養を身につけるための教育を行う。
  4. 日本語や日本文化の理解を通じて、母国をはじめ国際社会に貢献できるプロフェッショナル育成を目指した教育を行う。
  5. 国際社会において、統合医療や国を超えた社会貢献の実現を目指すことができる教育を実践する。

3つの方針(ポリシー)

  • ①入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)=私達が求める人物像
  • ②教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)=講義の組み立て
  • ③学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)=卒業時の姿

①入学者受入方針
(アドミッション・ポリシー)

横浜医療専門学校は、将来国際人として「人類の健康や健やかな生活」に寄与できる人材を育成するため、分野を超えて興味を持ち、他者の意見や訴えに耳を傾け、自分の考えや想いを適切に相手に伝えることができる人材の育成を目標としています。
入学に際し、概ね以下の素養を有する人材を求めます。

  1. 将来、保健医療・福祉やスポーツの分野や国際社会においてスペシャリストとして、人の役に立ちたい、人を助けたいという情熱を持つ人。
  2. 日々、主体性を持って物事に取り組み、高い倫理性を持ち、客観的に物事を捉える事のできる人。
  3. 物事の変化に柔軟に対応し、目的を達成するために自らの精神と身体の力を最大限に活用し努力しようとする意志を持つ人。
  4. 感謝の心を忘れず、自らのためだけでなく、他者のために尽力できる思いやりと誠実さを持つ人。
  5. 日々進歩する医科学・国際社会の知識を修得することに努力できる人。
  6. 将来、臨床・研究の分野で国際的に貢献したいと希望する人。
  7. 自ら学び、成長することを「幸せ」と感じられる人。
  8. 他者の成長を自ら進んでサポートし喜べる人。

②教育課程編成方針
(カリキュラム・ポリシー)

柔道整復師科・鍼灸師科では、学位授与方針を実現するため、3年間の教育課程を「基礎分野」・「専門基礎分野」・「専門分野」および「応用分野」等の分野群に分け、段階的、系統的に教育できるよう各科目を設定します。修学の成果は、修学期間内に修得すべき知識・技術レベルを明確にし、講義参加に対する積極性や出欠席を含めた授業態度のほか、到達目標に向けた自らの研鑽と成果によって、客観的に評価します。

③学位授与方針
(ディプロマ・ポリシー)

所定の単位を修得することにより、以下の能力を身につけた者に対して学位を授与します。

  1. 柔道整復師・鍼灸師に必要な知識・技術および職業倫理について十分に身につけている。
  2. 医療人の素養として、誠実さ・優しさ・協調性を身につけている。
  3. 医療の現場で求められる、コミュニケーション能力・主体的に判断できる力を有している。
  4. 他者とのつながりを大切にする心を持ち、物事を多面的に理解することを通じて、将来の国際的分野で活躍するための基礎的な考え方を身につけている。
  5. 日々進歩する医学知識を修得するための素地を兼ね備え、全人類の健やかな生活のために、臨床家あるいは研究者として貢献することができる実践力を身につけている。
  6. 自分の進む未来に、覚悟と希望を持てる力を身につけている。