在校生VOICE

  1. トップページ
  2. キャンパスライフ
  3. 在校生VOICE

夢に向かって前進中の先輩たちをご紹介します

現在、通学中の先輩たちに横浜医療にまつわるアレコレを聞いてみました。
授業のこと、ゼミのこと、資格取得に向けた話も。新しいスタートのヒントが見つかるはずです。

柔道整復師科 昼間部2年生 齋藤 新さん

齋藤 新さん

深沢高等学校 卒業

先輩からのメッセージ

この学校での勉強は、自分の将来につながっているということが明確に感じられるので、内容が頭にすんなりと入ってきます。スポーツに一生関わっていき、怪我によって諦めてしまう人を減らすことが今後の目標であり夢です。

柔道整復師科 昼間部3年生 羽田 朱里さん

羽田 朱里さん

富士河口湖高等学校(山梨県) 卒業

先輩からのメッセージ

他の学校と比べてプロのスポーツチームと繋がっていたり、トレーナーエグゼクションプランがあったりと、スポーツ分野に力を入れている所に魅力を感じました。ここには夢に向かって努力できる人が集まっていますし、先生方もしっかりサポートしてくれます。一緒に活躍できる医療人を目指して頑張りましょう!

鍼灸師科 昼間部2年生 今瀬 葵さん

今瀬 葵さん

神奈川県立横浜清陵高等学校 卒業

先輩からのメッセージ

部活動で怪我が絶えなく、医療分野の方々に沢山お世話になったのがきっかけです。鍼灸医療は、スポーツや美容、高齢者、不妊や逆子などと幅広く更に薬を使わず施術ができるので、多くの人の役に立てると思ったからです。

鍼灸師科 昼間部2年生 小玉 歩武さん

小玉 歩武さんさん

磯子高等学校(横浜氷取沢高等学校)卒業

先輩からのメッセージ

中学時代にサッカーでの頻繁な怪我でとても悩んでいた時に鍼を受け、とても体が軽くなり気楽になれました。それがきっかけでサポート役に回ってもいいなと思い鍼灸に興味を持ちました。この学校は自宅から乗り換えなしで通えるのでとても便利です。

柔道整復師科 昼間部2年生 齋藤 海月さん

齋藤 海月さん

有馬高等学校 卒業

先輩からのメッセージ

オープンキャンパスに行った時、先生と生徒との距離が近く、分からないことがあったらすぐに聞ける、学生を第一として考えてくれている環境だなと感じました。学生が楽しそうにしている様子も見たので、学校生活も楽しめるかなと思いました。

柔道整復師科 昼間部2年生 藤間 実衣沙さん

藤間 実衣沙さん

平塚学園高等学校 卒業

先輩からのメッセージ

中学生の頃、部活でよく怪我をして病院にお世話になってから、医療に興味をもちました。入学してからは、横浜という場所柄、放課後などに周辺施設に友だちと寄ることによって交友関係を深めることができた1年でした。やる気さえあれば大丈夫です!

鍼灸師科 昼間部2年生 臼杵 虎大朗さん

臼杵 虎大朗さん

伊東高等学校(静岡県) 卒業

先輩からのメッセージ

実家からの通学ですが、駅から近いので移動がほぼ電車だけでとても楽です。慣れている地元よりも、離れた土地で知らない人たちに囲まれて学ぶ方がたくさんの刺激あり、良い経験ができると思います。地方からでも積極的に進学を考えて良いと思います。

鍼灸師科 昼間部2年生 吉岡 貴人さん

吉岡 貴人さん

笛吹高等学校(山梨県) 卒業

先輩からのメッセージ

実家でカイロプラクティックを開業している父にすすめられて鍼灸に興味を持ちました。山梨県内には鍼灸の学校がないのですが、進路相談会の際に学校について詳しく教えてくださり、好立地なところにも魅力を感じました。

鍼灸師科 昼間部3年生 古澤 拳さん

古澤 拳さん

平塚湘風高等学校 卒業

先輩からのメッセージ

サッカーで怪我をした際に姉に紹介されて鍼灸院に通ったのですが、時間がかからずに治ってしまって驚いた経験があります。それで自分と同じく怪我で困っている人の助けになりたい、支えになりたいと思うようになりました。

鍼灸師科 昼間部2年生 岡 愛理さん

岡 愛理さん

日本大学 卒業

先輩からのメッセージ

鍼灸やマッサージに出会ったことで、明日もがんばろう、もう少し余裕を持って上司やお客さま、後輩に接しようと思わせてくれました。私も鍼灸に携わることでそう感じる人が一人でも増えて、社会に対して良い循環を生み出せるようになりたいと思っています。