在校生VOICE

  1. トップページ
  2. キャンパスライフ
  3. 在校生VOICE

夢に向かって前進中の先輩たちをご紹介します

現在、通学中の先輩たちに横浜医療にまつわるアレコレを聞いてみました。
授業のこと、ゼミのこと、資格取得に向けた話も。新しいスタートのヒントが見つかるはずです。

柔道整復師科 昼間部3年生

国家試験に向け気持ちを高め合っています。

中野 花菜さん

飛鳥未来高等学校卒業

先輩からのメッセージ

先生に話しかけやすい雰囲気がある
高校3年の時に父が交通事故で入院することになり、お見舞いに通う間に医療について興味を持つようになりました。柔道整復師を目指したのは看護士さんをしている友人のお母さんに勧めてもらったからです。アクセスの良い横浜駅から近いので通いやすいし、学校帰り友人との待ち合わせにも便利です。先生や先輩との距離が近いので話しかけやすく、質問や相談をしやすい雰囲気があるところも、横浜医療専門学校の特徴だと思います。
実技が上手くできたときの達成感は最高
勉強は難しいし、柔道の受け身を取るのはちょっぴり怖い。包帯やテーピングのコツを掴むのも大変だけど、その分理解できたときの嬉しさ、上手くできたときの達成感は、何物にも代えがたい素敵なものです。資格試験に向けてクラスで高め合い、気持ちづくりをしています。将来の夢は、身体の痛みも心の不安も和らげることができる柔道整復師になること。「先生」と呼ばれたときに自信を持って返事ができる医療人になることです。

鍼灸師科 昼間部2年生 柔道整復師科 昼間部2年生

ここで、頑張りたいと思える学校です。

河内山 優里さん

横浜創英高等学校卒業

先輩からのメッセージ

両科を学んで治療の幅を広げたい
高校の時、トレーナーを目指している友人がマッサージ方法とかテーピングの巻き方を知っていて、カッコいいと思ったのが医療を志すきっかけです。資格取得のために学校を探していたのですが学校説明会に参加して、ここなら頑張れる、ここで頑張りたい、と思いました。今は、両科在籍制度を利用して両学科に通っています。柔整で、身体の仕組みや筋肉・骨のことを詳しく学び、鍼灸の技術で治療の幅を広げたいと思ったからです。
選手の支えになるトレーナーを目指す
家では集中できないため、学校に残って自主勉強をしようと思ったときにも、横浜駅から近いので安心して取り組むことができます。クラスの雰囲気も良くて、みんなが頑張っているので、自分も頑張ろうと思えます。先生方は皆優しく、受けたアドバイスで印象に残っているのは、「やったらやっただけ伸びる」という言葉です。両科在籍制度の利点を活かして、将来はスポーツトレーナーとして選手の支える存在になりたいと思います。

柔道整復師科 昼間部2年生

先生が学生のために親身になって接してくれる。

小嶋 貴裕さん

麻布大学附属高等学校卒業

先輩からのメッセージ

スポーツの現場でプロの仕事を体験
高校の部活動で何度も怪我をして、治療院の先生に色々質問をするうちに、医療について知りたいと思うようになりました。さらに小学校の頃から通っていた整骨院の院長先生が横浜医療専門学校の一期生だったことからオープンキャンパスに参加するようになり、この学校でしか体験できない実習やプロスポーツの現場でトレーナーの仕事を見学できるといった授業内容と臨床の現場で即戦力になれる医療人を育成するという学校の方針に魅力を感じました。
母校野球部を怪我のない環境にしたい
将来、実業団野球チームのトレーナーになりたいと思っています。今までプレーヤーとして野球に関わってきたので、柔道整復師として支える立場になりたいからです。さらに母校野球部のトレーナーとして怪我なく部活動に打ち込める環境をつくり強いチームにすることが夢です。横浜医療専門学校は他校にない設備や授業があり、夢に向かっている学生をサポートしてくれる先生方がいます。医療に興味のある方は、横浜医療専門学校で医療人を目指してください。

鍼灸師科 昼間部2年生

スポーツ選手専属の鍼灸師を目指しています。

山下 紗香さん

神奈川県立高浜高等学校卒業

先輩からのメッセージ

プロの現場を知ることができる
高校の時に怪我をして湘南ベルマーレコンディショニングセンターで施術を受けたときに身体の話、治療の話を聞き鍼灸に興味を持ちました。湘南ベルマーレと業務提携をしている横浜医療専門学校ならプロスポーツの現場を体験できるし、プロのトレーナーを講師として招いての授業もあるので、スポーツ選手の治療を主とする鍼灸師を目指している私にはピッタリでした。私が湘南ベルマーレに所属していたので身近に感じたのも進学の理由です。
医療の現場の話がためになります
クラスメイトは年齢が様々ですが、国家資格取得という共通の目標を持っているので、仲が良く、年上の方に色々な相談に乗ってもらったりしています。先生方には現役で治療院を開業していらっしゃる方もいて、沢山の体験談を聞けるのも面白いです。将来はスポーツ選手専属の鍼灸師として仕事をすることを考えています。選手の身体をケアしてパフォーマンス力を向上させて、結果が良くなるのを一緒に喜び合いたいと思うからです。

柔道整復師科 昼間部2年生

将来は地元で怪我に悩む方の力になりたい。

髙橋 沙也加さん

文化学園長野高等学校卒業

先輩からのメッセージ

オープンキャンパスで聞いた卒業生の話で入学を決意
医療に興味を持ったのは中学一年生の時、怪我をしてお世話になっていた整骨院の先生のような治療家になりたいと思ったのがきっかけでした。トレーナーになりたいなと考え始めていた頃、柔道整復師の資格を持っている方が多いと知り、この分野を学ぼうと思いました。進学先に迷っていた時にオープンキャンパスに参加して、卒業生である整骨院の先生の話を聞き、ここで学びたいなと思い決めました。駅から近く通いやすいところも嬉しかったです。
先生と距離が近く授業も安心できる
年齢は様々ですが、みんな同じ目標を持って頑張っているので一体感があって刺激を受けています。先生と生徒の距離が近く雰囲気が良いので質問などもしやすいし、またその質問に100%で返していただけるので不安なく授業を受けることができます。卒業後は整骨院で経験を積み、お世話になっていた整骨院の先生のように子供からお年寄りまでの幅広い世代の患者さんに信頼していただけるような柔道整復師になりたいと思っています。

鍼灸師科 昼間部3年生

駅から近いので自習等、気軽に利用できる。

関 優美子さん

とわの森三愛高等学校卒業

先輩からのメッセージ

横浜駅が近いので、色々と便利
高校のとき、兄が柔道整復師を目指し横浜医療専門学校に通っていたので、将来一緒に仕事をしたいと思い鍼灸師科を選びました。横浜医療専門学校は先生とも気軽に話せる雰囲気があるので、勉強の面だけでなく私生活の面でも相談することができます。部活動があるので、気分転換にもなって学校生活をより楽しく過ごせています。私は家では集中できないので、学校で自習するようにしているのですが、駅から近いので気軽に利用できて便利です。
ゼミの受講で将来の進路が広がる
好きな授業は、鍼の実技です。同じクラスの色々な人とペアを組むのですが、それぞれの人に合わせた施術を考えるので勉強になります。授業以外にも、ゼミを受講できるのですが、美容ゼミでは鍼はもちろん手技アプローチなども学べて、将来像が広がりました。美容の世界に進みたいと考えているのですが、鍼灸は職種の幅が広いので、まだ一つにこだわらずにスポーツの経験を活かせる分野なども候補に入れて考慮しています。

柔道整復師科 昼間部2年生

医療現場で即戦力となれる実習が魅力。

相川 武志さん

関東学院大学卒業

先輩からのメッセージ

練習するほど上達を実感できる
横浜医療専門学校は国家試験合格をゴールにするのではなく、卒業後に即戦力として働けるように多くの実習で技術を身に付けることができるところが魅力です。放課後は整骨院で働いているのでアクセスの良さも気に入っています。包帯やテーピングは、練習すればするほど上手くなる自分を実感できるので頑張りがいを感じる授業です。先生から言われた「毎日、目的を持って過ごすように」という言葉を忘れないようにして学んでいます。
地域に頼られる治療院を開業する
卒業後は今働いている整骨院で経験を積み、ゆくゆくは開業したいと思っています。プロアスリートの専門的な要求にも応える知識・技術を持ち、子供から高齢者まで幅広い年齢層の患者さんに寄り添って、地域に頼られる整骨院を目指します。横浜医療専門学校はアクセスの良さ、整った設備があります。何より熱心に指導してくださる先生方がいるので安心して勉強することができますよ。鍼灸・柔整に興味がある方は一緒に頑張りましょう。

鍼灸師科 昼間部2年生

怪我で苦しむアスリートをなくしたい。

林 慧さん

神奈川県立ひばりが丘高等学校卒業 (現 神奈川県立座間総合高等学校)

先輩からのメッセージ

膝の怪我で鍼の素晴らしさを実感
湘南ベルマーレでプロとしてサッカーをしていた25歳の頃、2度目の膝の故障で、プレーをするのはもう無理かなと思っていたのですが、鍼治療によって再びサッカーができるようになり医療・鍼灸に興味を持ちました。横浜医療専門学校を選んだ理由はベルマーレから推薦されたこととアクセスの良さです。入学して良かったと感じているのは、素晴らしい仲間と出会えたこと、先生も気さくな方が多いので話しかけやすく楽しい学生生活です。
アクセスが良く息抜きにも最適
横浜医療専門学校はライフスタイルに合わせて昼・夜間部を選ぶことができます。交通アクセスも良いので自分の時間を作りやすく、予定を組みやすいのが魅力です。クラスは経歴も年齢も様々な方が通っているので、色々な刺激を受けることができます。実技の授業が多く少しずつできることが増えていくのを実感できるので、学校へ通うのが楽しみになります。将来は治療家の技術とサッカーの経験を活かした新しいことを始めたいと思っています。

柔道整復師科 昼間部3年生

プロダンサーのトレーナーを目指しています。

𠮷野 光涼さん

朋優学院高等学校卒業

先輩からのメッセージ

プロスポーツの現場訪問が刺激に
母からの勧めもあり、パーソナルトレーナーになりたいと思っていたので、中学生の頃から医療に興味がありました。テーピングなどの施術は柔道整復師の技術と聞き、資格取得を目指し、周囲の評判が良かった横浜医療専門学校への進学を決めました。実地研修では、プロスポーツの現場の訪問が印象的でした。トレーナーの仕事を見学させていただいたり、選手のケアの仕方など、直接深い話を伺ったりと、今後に繋がる興味深い内容でした。
過去問題中心で国家試験対策を
国家試験に向けては過去問を中心に試験対策に取り組んでいます。今後はトレーナー系のゼミにも積極的に参加して技術の向上を目指したいと思っています。私自身がダンスに興味があり習っていることもあるので、ダンサー、アーティストに特化したトレーナーを目指しています。現在は授業でもダンスが取り入れられていますが、踊ることによる怪我の治療やリハビリ、身体のケアに関しては、まだ未開発の分野と感じているからです。

鍼灸師科 昼間部2年生

生涯現役鍼灸師を目指します。

河合 柚里さん

明治学院大学卒業

先輩からのメッセージ

仲間と出会い、世界が広がった
就職後、身体の不調に悩むようになり、自分と同じ悩みを持つ女性を健やかにするために医療を学びたいと思い、専門実践教育訓練給付金の対象校であった横浜医療専門学校に進学を決めました。入学して、同じ目的を持った多くの仲間と出会うことができました。様々な年齢・経験を持った方と接する中で、自分の世界が広がった気がします。実技の授業では、全くできなかったことが、できるようになっていくことに喜びを感じます。
エステの要素も取り入れ開業を目指す
卒業後は治療院で経験を積み、臨床で必要な技術に磨きをかけたいと思っています。その後は、今、仕事をしているエステの要素も取り入れて、美容鍼灸も身体の治療もきちんとできる鍼灸師として、独立・開業をしたいと思います。さらに、『生涯現役鍼灸師』として、好きな仕事を楽しく続けて行きたいと思います。鍼灸の技術で健康と美しさを応援して、その結果として人を喜ばせることができるなら、これ以上の喜びはないと思います。

柔道整復師科 昼間部3年生

先生が自主練習にも付き合ってくれる。

江口 はるなさん

神奈川県立藤沢西高等学校卒業

先輩からのメッセージ

先生と生徒の距離が良い
アクセスの良さと、先生と生徒の距離が良いなと思い、横浜医療専門学校を選びました。高校時代に接骨院に通い始めてから、怪我をして不安になっている人をトレーナーとして助けたいと思うようになったからです。全ての授業が初めて教わることばかりで興味深く感じました。特に実技は将来治療に使う技術なので、とても丁寧に教えてくださいます。先生は皆さん優しく、授業以外の時間に質問しても理解できるまで答えてくれます。
将来は美容系を目指したい
将来は、美容系のサロンや接骨院で仕事をしたいと考えています。そのためには国家試験に合格は必須ですから、毎回のテスト前にはしっかりと準備をして臨んでいます。受験のための勉強も大切ですが、やはり実際の現場で必要になる実技の授業に力が入ります。横浜医専の先生方はあらゆるところをフォローしてくれます。私は自主的に実技の練習をすることがあるのですが、そんな時にも付き合ってくださるので助かっています。

鍼灸師科 昼間部2年生 柔道整復師科 昼間部2年生

2つの資格で治療の幅を広げたい。

尾脇 優大さん

横浜商大高校卒業

先輩からのメッセージ

自身を治療できればと思い、医療を志す
26歳の時に昔痛めていた腰・膝を再発させてしまい、「自分で治すことができれば楽になれるのに」と思い医療に興味を持ち、知人・友人・親族で身体を痛めた人や不調が続く人を助けることができれば良いなと考えて医療分野へ進むことを決めました。中学時代に接骨院、高校時代には鍼灸院にお世話になっていたので、2つの資格があれば治療の幅が広がると思い、両科在籍制度に魅力を感じ、横浜医療専門学校で学ぶことにしました。
2つの資格を取得すれば、大きな強みに
アクセスの良い横浜駅から近いので、色々と便利です(私的には大きな本屋が駅ビルに沢山あるので医療系の本が手に入りやすい)。クラスメイトは同じ志を持っている熱い仲間という感じで、仲良く明るい雰囲気で学んでいます。鍼灸・柔整それぞれの担任から「両科を学ぶのは大変だけど、取得したら大きな強みになるよ」と言っていただき励みになっています。将来は、治せる症状をしっかり治す治療家になりたいと思っています。

柔道整復師科 昼間部3年生

院長目指して頑張ります!

藤白 ふうこさん

神奈川県立瀬谷西高等学校卒業

先輩からのメッセージ

尊敬する父と同じ医療を目指す
初めて医療に興味を持ったのは小学3年生でした。その後、ブライダルに興味を持ったことがあったのですが、自分の進路を考え直したとき、やはり医療がいいと思いました。理由は父が柔道整復師だからです。父は憧れであり、尊敬する先輩です。いつか父と一緒に仕事ができればいいな・・と考えています。更に将来は、自分が医院長として整骨院を開業したいと思います。父を越えるような柔道整復師を目指したいですね。
先生方がとても優しくおもしろい!
横浜医療を選んだ理由のひとつは、父の通っていた学校の姉妹校だったこと。あと学校見学をしたときに先生方がとても優しくおもしろくて、雰囲気が良かったことです。設備もきれいでいいなと思いました。学校の帰りに買物とか遊びやすいところもポイントです。好きな授業は実技の授業ですね。座っているより身体を動かすのが好きなので、毎週の実技は楽しみにしています。勉強は難しいけど一発合格を目指して頑張ります。

鍼灸師科 昼間部2年生 柔道整復師科 昼間部2年生

先生たちのサポートで不安も解消されます

佐藤 ちひろさん

神奈川県立高浜高等学校卒業

先輩からのメッセージ

授業時間外でも丁寧な指導
横浜医療専門学校の先生は皆さん優しく面白い方ばかり、授業以外でも勉強や治療について色々教えていただいています。柔整のクラスはワイワイにぎやかな感じ、鍼灸のクラスは少し大人な雰囲気かな。どちらのクラスも年齢に関係なく全員仲が良いですね。先生に受けたアドバイスで心に残っているのは「勉強をして自分にインプットしたことを患者さんにアウトプット(治療)できて初めて、身になったといえる」という言葉です。
地域に信頼される治療院を目指します
両科在籍制度を利用して学んでいます。鍼灸は高校の時、新体操で怪我をした時に鍼を勧められて通い、すごく楽になって感動し医療に進むキッカケになりました。柔整は身体のスペシャリストという気がして、知識と技術を身に付けたいと思いました。将来の夢は地域の人に信頼されて、老若男女誰でも通いやすく信頼される治療院を開くことです。スポーツ選手もトータルにサポートができる知識と技術も身につけたいと思っています。

柔道整復師科 昼間部3年生

誰よりも上手に巻けるようになりたい。

宇野 慶さん

青森県立黒石商業高等学校卒業

先輩からのメッセージ

部活でのケガが興味のきっかけ
私が医療の分野に興味を持ったのは22歳のころです。高校時代の部活動でケガが多く接骨院にお世話になった記憶から、柔道整復師を志しました。働きながら学びたかったので夜間部に進学。横浜医療専門学校はJR、私鉄、バスのアクセスが良いので便利です。授業は知らないことばかりで戸惑うこともありますが、毎日教科書を読む(予習)、聞いたことを再確認する(復習)を徹底するだけで勉強が楽しくなりました。
明確な将来像を持って毎日過ごす
今は「資格を取得して、なるべく早く開業する」という目標に向かってガムシャラに学んでいます。実技も誰より上手に巻けるようになりたいと思っています(笑)。地域のスポーツに貢献できるような治療院を開業するのが目標。子供から高齢者まで幅広い年代の方が通いやすい環境で、部活動やスポーツをしている人のトレーナー的な活動もできる柔整師を目指しています。医療に興味がある方は、横浜医療専門学校で一歩を踏み出してください。

鍼灸師科 夜間部2年生

トップアスリートと高みを目指したい。

新村 千文美さん

東海大学卒業

先輩からのメッセージ

夜間の学校説明会で入学を決意
幼い頃から体を動かすことが好きで、求職時もスポーツ関連の仕事を探し、スポーツトレーナーの活動をしている会社に就職しました。今は整体をメインとして施術しているのですが、もっと幅の広い技術や知識を身に付けて、仕事に活かしたいと思い学び直すことに決めました。夜間の学校説明会に参加したときに国家試験の合格率や教育方針に信頼を感じました。柔道整復師の資格も取りたいと思っているので、両科支援制度も魅力です。
みんなの刺激でモチベーションUP
クラスメイトには毎日助けられています。勉強で解らないところを教えてもらったり、一緒に実技の練習をしたり、夜間部ということもあるかもしれませんが勉強に対する意識が高く良い刺激を受けてモチベーションも上がります。生涯、スポーツに関わっていきたいと思っているのでスポーツトレーナーとしての活動を続け、より高い指導力や治療技術を身に付けて、日本や世界のトップアスリートと高みを目指していきたいと思います。

柔道整復師科 昼間部3年生

色々な刺激を受けながら勉強できる。

辻󠄀 早苗さん

横浜国際女学園高等学校卒業

先輩からのメッセージ

神奈川県内唯一の夜間部だから
働きながら学校に通いたいと思っていたので、神奈川県内で唯一夜間部がある横浜医療専門学校に興味を持ちました。その学校見学に参加して直感でここがいいと思いました。他の学校にも見学に行きましたが、先生と生徒の距離が近くアットホームな雰囲気が自分に合っていると感じたからです。それと年齢層も幅広く、職種も様々なので周りから刺激を受けながら勉強できる点です。立地も良いので通いやすいところも気に入っています。
医療の中でも幅広く活躍できる資格
母が介護福祉士をしていて仕事の話を聞いていて、すごく大変そうだけど活き活きしている母をみて医療分野に興味を持つようになりました。柔道整復師を選んだ理由はWHOにも認められている資格で医療の中でも整骨院や介護など幅広く活躍できる資格だからです。将来については正直まだ決まっていません。整骨院で働くか、介護の現場で働くか…柔道整復師の女性の割合は少ないので、女性目線で活躍していければと思っています。

鍼灸師科 昼間部2年生

かけがえのない出会いと絆を得られる。

矢野 詩多さん

法政大学卒業

先輩からのメッセージ

心のケアを知り、伝える立場を目指す
社会人になって調子を崩したときに身体も心も健康でないと自身の最善のパフォーマンスは発揮できないと実感して、『未病のための医療』に興味を持ちました。その時にお世話になった先生に痛みのケアだけでなく『心のケア』の大切さを教わり、次は伝える立場になりたいと思いました。オープンキャンパスに参加して、先生と生徒の距離が近く信頼し合っていると感じたこと、個性を大切にしてくれる学校の雰囲気が入学の決め手になりました。
学びとチャレンジで日々成長
入学して、かけがえのない『出会い』と将来も続く『絆』を得られたと感じています。出会った仲間と知らないことを学んでチャレンジすることは、私を日々成長させてくれて毎日ワクワクしています。現在、タンズ&サップヨガインストラクターをしているのですが、スポーツ鍼灸と美容鍼灸を融合させ、治療家・インストラクターとして様々な角度からアプローチができる、患者さんに心身ともに寄り添える人になりたいと思います。

柔道整復師科 昼間部3年生

両科在籍制度を利用して鍼灸科でも学ぶ

𠮷田 さくらさん

神奈川県立霧が丘高等学校卒業

先輩からのメッセージ

精神面もケアしてくれた先生が目標
私が医療分野、柔道整復師に興味を持ったきっかけは、高校の頃に部活動でケガをして通っていた接骨院にあります。その接骨院の先生にはケガの治療だけでなく、不安になったり、落ち込みそうになったりする精神面もケアしていただきました。入学後に実習で行った整骨院でも影響を受けた出会いがありました。女性の院長先生で患者さんからの信頼が厚く、女性の方も通院しやすいのが肌で感じられました。この二人が私の目標です。
国家試験一発合格を目指す
良いところは色々あるのですが、まずアクセスの良さです。時間の無駄がないから、バイトをしながら無理せず通うことができます。クラスメイトを始めとした人との出会い、先生との距離の近さも良かったところです。今は国家試験の合格を目指して過去問題などに取り組んでいます。将来の仕事については、まだ決めていないのですが、美容系に興味があるので横浜医療専門学校の両科在籍制度を利用して鍼灸師科で学びたいと思っています。

鍼灸師科 昼間部3年生

先生との距離が近く何でも聞ける。

渡辺 太一さん

相洋高等学校卒業

先輩からのメッセージ

授業は試験の為でなく、患者さんの為
横浜医療専門学校を選んだ理由は、まず横浜駅から近いということ、鍼灸師科は午前のみ柔道整復師科は午後のみ、というところが集中できそうで良いなと思ったからです。それから、先生と生徒の距離が近くて、何でも聞けて頼ることができるところが良いですね。好きな授業は、解剖学では体の仕組みの専門知識を得ることができるところ、柔整理論は骨折の治し方や処置を学べるところです。授業は試験の為でなく患者さんの為と思って勉強しています。
開業権があるところも魅力
医療に興味を持ったのは高校2年生の時に自分がケガをしたのがきっかけです。学生時代ケガが多く完治せず、今でも痛みを感じる事があります。自分と同じ思いをしてほしくないと思い資格を持ったトレーナーを目指しています。柔道整復師なら応急手当として骨折、脱臼の整復が行なえますし、鍼灸は柔整の手技だけでは治すことの出来ないものも柔整と併用して治療できるからです。また資格をとれば開業できるというところも魅力です。